町山智浩「知ってても偉くないUSA語録」549冊目

勢いで借りてよく全部読むよなぁ、私。 この本は映画でも音楽でもなく、USでの暮らしの中で見えてくる最新の「US的だけど日本の人が知らないこと」「知ってるつもりだけど本当はちゃんと知らないこと」とかを深く深く、明るく面白くつづった記事のまとめです…

町山智浩「本当はこんな歌」548冊目

この本もとても面白かった。知らなかったことも知ってたことも色々だけど、90年代以降自分がさっぱり音楽を聴かなくなったのでそれ以降のバンドのことを知らなさすぎる。。。 ところで町山氏には情報屋がいるね? 彼の英語力はプロフィールを見る限り、ネイ…

町山智浩・柳下毅一郎・ギンティ小林「雑食映画ガイド」547冊目

あー、こういう映画の世界ってあったよな。なんか劇画って感じの、大人のあぶらぎった男だけの、暴力とスピードとエロと金のうずまく世界。そのどれも関係ない映画ってあんまりないけど、そればっかりのギタギタでドロドロなやつ。 この中では町山氏はすごく…

町山智浩「最も危険なアメリカ映画」546冊目

こんどの本は、アメリカ映画の大メジャー作品にしのばせた政治的、ときに人種差別的な意図について大胆に切り込んでいます。 「国民の創生」がKKK礼賛映画ということは、私も見たときに気づいて愕然としましたが、かの大人気作品「バック・トゥ・ザ・フュー…

町山智浩「「最前線の映画」を読む」545冊目

熱烈なファンかなにかのように、同じ著者の本を読み続けてますが。 この本は2016年あたりに公開された新作映画を取り上げて、いつものように深堀りしています。 マーティン・スコセッシ監督、遠藤周作が原作の「沈黙」の分析が深くて泣けました。原作を読ん…

山口雅也「續・日本殺人事件」544冊目

山口雅也って人は、推理小説の枠をどこに置けばどういう謎を新たに生み出せるか?ということの研究者みたいだ。 そもそも最初からこのシリーズは、実在の外国人の“手記”(小説ではなく)を日本語訳したという体裁で始まっています。それが出版され、著者?と…

町山智浩「映画と本の意外な関係!」543冊目

これも面白かった。見た映画が多いけど、この本で読んで「見なければ!」と思った映画もあり、「ウォール街」とか「ソウルガールズ」とかった。見た映画が多いけど、この本で読んで「見なければ!」と思った映画もあり、「ウォール街」とか「ソウルガールズ…

町山智浩「トラウマ恋愛映画入門」542冊目

恐怖映画中心の「トラウマ映画館」の、違う趣向の続編。 この本を読んだあと、「アニー・ホール」をまた見たくなりました。映画に興味が出てきた20代前半に見たんだと思う、多分荻窪のぼろアパートに住んで近所の貸しビデオ屋に日参して、店にあるVHS全部見…

ジム・ロジャーズ「冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート」541冊目

この人の本は、何冊読んでも痛快です。 この本は彼の個別の冒険でなく、いままでの人生総括なので、数冊読んだ後だと何度か見たことのあるエピソードもあります。 彼は頭脳の明晰さもすごいけど、ためらわずに自分を通せる強さ、明るさ、自己肯定感がすごい…

山口雅也「日本殺人事件」540冊目

面白かった。この人の小説は、登場人物がみんな、生き生きしてる、を超えてパフォーマンスが派手!だから舞台のお芝居を見てるような感じがします。饒舌でコミカルで、原色やスパンコールの衣装を着た人たちが飛んだり跳ねたりする、エネルギー量の大きい劇…

山口雅也「謎の謎その他の謎」539冊目

ことば遊びが好きですよね、この方。タイトルは「リドルのミステリーその他のミステリー」とフリガナが振られています。 だいぶ前に「生ける屍の死」や「キッド・ピストルズ」を何冊か読んで面白さに感動したのですが、心と時間の余裕がないとミステリーが読…

町山智浩「トラウマ映画館」538冊目

これ、ずーーっと読もうと思ってたんですよ。満を持して?やっと読んでみましたが、面白いのなんの。取り上げられた映画の中で見たことがあるのは「バニーレークは行方不明」と「早春」だけだったけど、その2つとも一生忘れられない不可思議さと美しさのあ…

えらいてんちょう「ビジネスで勝つネットゲリラ戦術 詳説」537冊目

この人の本、意外と読んでる。面白いし、しょぼい起業ってすごく共感できます。私も自分で何かやってみたいと思ったことは何度もあったけど、まずオフィスはどうとか、登記だとか税務だとか、起業に関係したサービスでお金を取ろうとする人たちが群がってき…

デービッド・アトキンソン「世界一訪れたい日本のつくりかた」536冊目

なるほど、これがIR計画の出どころか…。 これを機に過去のこの人の本の感想を見直してみたら、「よく言ってくれた!」と強く共感する一方で、「人はそう簡単に変わらないよー」「日本のこじんまりした宿にも、至れり尽くせりのいい宿があるのにー」など否定…

えらいてんちょう(矢内東紀)「「NHKから国民を守る党」の研究」535冊目

この人と「レンタルなんもしない人」のTwitterをここしばらくフォローしてます。意識高く読み解いたり分析したりするつもりはなくて、この人たちなんか賢くて、言ってることが面白いんです。 N国党は、私も前々から怖いというか不穏というか、こういう立ち回…

デービッド・アトキンソン「新・観光立国論」534冊目

この人の本は3冊読んでるけど、旅好きで、この先旅行や観光に関係する仕事をしようと思っている私としては、これを読むべきだった。続編も早く手に入れて読もう。 日本は人口が減ってるのでGDPを上げるあるいは保つために生産性を上げるべし、なかなか少子化…

ウンベルト・エーコ「異世界の書 幻想領国地誌集成」533冊目

図書館のデータベースで見つけて借りてみたのですが、渡された本の大きさは23.8 x 16.8 x 3.6 cm、500ページ近くのオールカラーで重さ1.5キロという大著でした。価格はおよそ1万円。 あのウンベルト・エーコが、神話や伝説の世界に出てくる土地について広く…

櫻井成行「個人事業主のカンタンお金管理」532冊目

こういう本っていちいち感想を書くほうが無粋で、役に立つかどうかだけ☆で評価とかすればいいんじゃないかという気もします。かつ、こういう本を読んでるとこの先何を企んでるのか、勘繰られそうで面倒ですが、自分が忘れないためのメモを書いとこうと思いま…

劉慈欣「三体」531冊目

すごく面白かった。けっこうボリュームがあるけど、一気に読んでしまった。 エンターテイメントとして読み応えもあるし、イジワルな目で突っ込むつもりで読み込んでみても、科学的な破綻でしらけることもなかった。(斬鉄剣かよ?というナノテクのくだりは、…

えらいてんちょう「しょぼ婚のすすめ」530冊目

面白かった。私も似た考えだったんだけどなぁと思った。若いころ、日本の人口減少傾向のことをなにかのデータで見て、子ども作らなきゃ!と思った。長くつきあってた人に「子どもが早くほしいから結婚しよう。いやなら別れて」っていって結婚した。。。 では…

窪山哲雄「伝説のホテルマンが教える 大人のためのホテルの使い方」529冊目

空港に早く着いたら、書店の店頭にこの本があったので買ってみました。けっこう、ワクワク、ドキドキしながら。 でも、わりとなんていうか、伝説のホテルマンって呼ばれて気持ちよさそうにしてる本だった。 シーツを毎日替えてもらうことって本当に必要?家…

ビル・クリントン&ジェイムズ・パターソン「大統領失踪 上・下」527-528冊目

センセーショナルなタイトルですよね。みんながよく知ってるビル・クリントン元大統領が「書いた」小説ってことで。 実際読んでみたら、すごく読みやすく楽しめる、大衆サスペンス小説という感じで、これは明らかにジェイムズ・パターソンというベストセラー…

色川大吉「わたしの世界辺境周遊記〜フーテン老人ふたたび〜」526冊目

図書館で見かけて思わず借りたんだけど、このフーテン老人さんの本業は近代史の教授だったんだそうだ。Wikipediaや著書のタイトルを見ても、長年社会運動に参加、というより旗を振ってど真ん中で活動してきたようです。まだ日本からのツアーなど一つも出てい…

大槻奈那・松川忠「本当にわかる債券と金利」525冊目

金融のことを勉強するようになって数年。債券って国債以外ほとんど未知の世界で訳が分からないので、借りて読んでみました。 難しい・・・ひとことで言うと難しい。というか、なんで難しいかというと、具体的に債券(新規発売する国債や地方債以外)を売って…

田坂広志「使える弁証法」524冊目

なんとなく、心理学を悪用して人を思い通りにする本みたいなタイトルだけど、「世の中で求められている商品やサービスは、一定の法則で移り変わっていく」ことを述べた真面目な本でした。 キーワードとしては「ニューミドルマン」…御用聞きがコンシェルジュ…

及川卓也「ソフトウェア・ファースト」523冊目

日本でエンジニアといえば及川卓也です。DECはともかく(若い人はもう存在したことを知らない)、マイクロソフト、Googleと錚々たる経歴を積んだ後に、組織や開発プロセスのコンサルティングを主業に独立し、日本中のエンジニアたちに絶大な人気を誇る彼の近…

半藤一利・出口治明「世界史としての日本史」522冊目

感想をなんて書けばいいんだろう。 わずか250ページの新書で、世界史としての日本史を把握できるはずもなく、この本は「ネットやメディアから流れてくる断片的な情報をうのみにするな」「本を読め、勉強しろ、教養を磨け」「まず選挙に行ってないやつは行け…

Min Jin Lee「Pachinko」521冊目

今まで洋書は何冊買っても積みあがるだけだったんだけど、これは一気に読み通しました。韓国系アメリカ人の女性が、朝鮮半島から日本に渡ってきて暮らしている家族4代について書いた小説なのですが、アメリカではベストセラーになったそうです。 アイスラン…

森晶麿「ホテル・モーリス」520冊

1時間半くらいのドラマくらいの重さ、かな。面白く読めたけどノリが、私はちょっと年を取りすぎてるかも・・・。 ホテルが舞台と聞くだけで、ちょっとわくわくします。非日常のときめき、初めて会う人たちにちょっと緊張しつつ、ちょっと背伸びして接する感…

モーリー・ロバートソン「悪くあれ!~窒息ニッポン、自由に生きる思考法」519冊目

いつも「所さん!大変ですよ!」で見ている、いまは好々爺ふうのモーリー・ロバートソン。アングラ好きな友達は彼のことを崇拝していて、そのギャップが埋められなかったので、一回彼の著書を読んでみようと思いました。 すご~く易しいことばで書かれた、本…