浅生鴨「どこでもない場所」569冊目

エッセイ集。これも面白かった。 小説と同様、すごくまともなんだよね、話者の感覚が。変な人が変なことを言うとドン引きするし、面白いほう、面白いほうに行こうとあえて志向してるところが、その人自身はちっとも変な人ではない。Twitterで私が勝手に思い…

浅生鴨「伴走者」568冊目

面白かった。前半はマラソンの伴走者、こっちはテレビで見たこともあってちょっぴりは想像できたけど、後半のスキーの伴走者は本当に驚き。どちらのストーリーにも心を掴まれてグイグイ読んだけど、 <突然ですが、以下ネタバレ> どちらも読者が一番期待す…

西森秀稔・大関真之「量子コンピュータが人工知能を加速する」567冊目

おもむろに、量子コンピュータって?が知りたくなって借りてきました。 著者のひとり大関氏は数年前に、「量子アニーリング」方式の量子コンピュータの活用を促進する活動などを行うベンチャーを立ち上げたとのこと。基礎研究を続けること、それを実用化する…

辛島昇「インド・カレー紀行」566冊目

楽しい本でした! 最近、毎日のようにインド・スリランカ・ネパールとかの”スパイスカレー”を食べてるけど、カレーの歴史とか種類って全然わかってません。この本によると「カレー」という言葉の語源は、実は「不明」だったり、ゴア州の「ビンダルー」カレー…

高野秀行「アヘン王国潜入記」565冊目

本当のことほど面白いことはないね。事実より面白い小説はあるし、これが小説より奇なる事実かどうかは知らないけど、この本は最高に面白かった。 だって東南アジアのどこかの国の一角に大きなケシ畑があったとしても、そこに自分が行って、違法なことを百も…

川越宗一「熱源」564冊目

面白かった。すごい力作。アイヌの人たちが主役で時代は明治なんて、設定が斬新!と思いながら、三分の二くらいまで、まるきりフィクションだと思って読んでたのに、事実にもとづく小説だったなんて!という驚きも大きい。これ、「坂の上の雲」みたいに何回…

レンタルなんもしない人「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」563冊目

どういう経緯か忘れたけど、この人のTwitterを半年くらい前からフォローしていて、彼の傍観者的な感じを面白がっています。 この本は彼のtweetを見てるのと近いけどちょっと違います。まとめて見られる。ちょいちょい、彼自身による補足が入る(←これTwitter…

小林エリカ「マダム・キュリーと朝食を」562冊目

ふむ、興味深い小説です。 理屈と史実とファンタジーを、猫と少女が別々に、軽やかに、飛び回る。重層的で、感覚的に理解しづらい人もいると思うけど、私はするっと入れました。 この間テレビで加藤登紀子とこの著者との脱・原発対談(「SWITH×Interview」)…

浅生鴨「だから僕は、ググらない。~面白い!を生み出す妄想術」561冊目

この人のTwitterは本当に面白い。スコーン!と外してくる。で、笑わせる。 NHK広報の中の人だったときから、今に至るまで、常にどこかネジが外れたような、あえてネジをかっちり締めずに緩みを残そうとして、緩めすぎて外れかかってるような、予想外のつぶや…

「世界一周女子旅BOOK」560冊目

思い立って世界一周ひとり旅に出た、20~30代の日本の女性10人が、自分の思い、自分の旅のいきさつやルートや出会ったものごと、などについて語りつくした本。 彼女たちの純粋な思いと、心を開いて出会った素晴らしい人々や風景にふれて、心が洗われるよう…

西川治「死ぬまでに絶対行きたい 世界一周 食の旅」559冊目

この本は良かった!写真家の写真集であるにもかかわらず、お料理写真は”美麗”というよりカジュアルなスナップ写真っぽいんだけど(それが自然でいい)、とにかく食べること、飲むことが本当に好きな著者が、世界中を楽しみながら食べ歩いているのが伝わって…

角田直樹ほか3名「新・世界一周NAVI」558冊目

これは教科書とすべき本ですね。 著者は角田直樹、鳥海高太朗、河本ぼあら、MASAKI世界一周という、旅の「手練れ」4人。世界一周=バックパッカーの旅とは限りませんが、世界じゅうに出かければ様々なリスクや予想外の楽しみがつきものなので、しっかりした…

成瀬勇輝「自分の仕事をつくる旅」557冊目

これは、旅から戻ったあとに自分で起業できるような旅を自分でプロデュースすることを促す本。 大きな志と夢を持つことと、地に足の着いた仕事をこつこつ重ねていくことを、どうやって両立させるか。どっちかだけだと、充実してお金もちゃんと稼げる仕事を続…

イシコ「世界一周ひとりメシ」556冊目

タイトルに親近感を覚えて選んだんだけど、この本ちょっと謎です。著者の「イシコ」という人のことがよくわからない。カバーの表紙裏折り返しにだけ説明があるけど、最後のページの後は「あとがき」もプロローグもなく、突然奥付。女性のような名前の人が自…

TABIPRO編「365日世界一周絶景の旅」555冊目

この本はよかった! 旅行に行く人のためのガイドブックではなくて、365か所の世界中(日本国内も含む)の絶景ポイントのベストショット(でもなさそうな写真もあったけど)を集めた写真集。旅のノウハウなど一言も触れず、ルートを提示することもなく、ただ…

吉田友和・松岡絵里「はじめての世界一周」554冊目

これは著者のカップルが20代で会社をやめて、長期と短期の2回、世界一周旅行をしたことをまとめたカラフルな大型本。高級ホテルめぐりでなく、なんならバックパックで出かけてアジアに沈んだりもするという庶民的な旅を考えている人にはとっても役立つ情報…

世界一周堂x世界一周コミュニティ「世界一周航空券Perfect Book」553冊目

うむ、タイトルに違わない情報量と、かゆいところにかなり手が届く詳しさ。この本は手元に置いて、旅程の検討や変更の際に役立てたいですね。冒頭は、魅力的な観光地を束ねたプランをいくつか列挙して、それから「世界一周旅行とは、世界一周チケットとは」…

「世界一周経験者169人が選んだ究極の絶景50」552冊目

うむ、確かに絶景。場所も素晴らしいけど写真もとても美しく撮れています。 50のうち行ったのはグランドキャニオン・ホースシューベンド・アンテロープキャニオン・モニュメントバレー、テカポ、アイスランドのアイスケーブとゴールデンサークル、アルプス山…

富田純明「50歳から個人で行くユネスコ世界遺産の旅」551冊目

さて、これから海外旅行関連の本が続きます。 この本では初心者~上級者の順に旅程(おもに著者自身の過去の旅行ルート)が紹介されていて、最初は個人旅行がまったく初めての人が世界遺産めぐりに挑戦するためにガッチガチに固めたルートがまるでパッケージ…

町山智浩「アメリカのめっちゃスゴい女性たち」550冊目

この人みたいなのをフェミニストっていうのかな?基本的に女性は強く毅然としたものだと認識してリスペクトしてる。どうも奥さんがバリバリみたいなので、そういう感覚を持つに至ったのか、それとも逆? このところかなりこの人の本を読んできたけど、これが…

町山智浩「知ってても偉くないUSA語録」549冊目

勢いで借りてよく全部読むよなぁ、私。 この本は映画でも音楽でもなく、USでの暮らしの中で見えてくる最新の「US的だけど日本の人が知らないこと」「知ってるつもりだけど本当はちゃんと知らないこと」とかを深く深く、明るく面白くつづった記事のまとめです…

町山智浩「本当はこんな歌」548冊目

この本もとても面白かった。知らなかったことも知ってたことも色々だけど、90年代以降自分がさっぱり音楽を聴かなくなったのでそれ以降のバンドのことを知らなさすぎる。。。 ところで町山氏には情報屋がいるね? 彼の英語力はプロフィールを見る限り、ネイ…

町山智浩・柳下毅一郎・ギンティ小林「雑食映画ガイド」547冊目

あー、こういう映画の世界ってあったよな。なんか劇画って感じの、大人のあぶらぎった男だけの、暴力とスピードとエロと金のうずまく世界。そのどれも関係ない映画ってあんまりないけど、そればっかりのギタギタでドロドロなやつ。 この中では町山氏はすごく…

町山智浩「最も危険なアメリカ映画」546冊目

こんどの本は、アメリカ映画の大メジャー作品にしのばせた政治的、ときに人種差別的な意図について大胆に切り込んでいます。 「国民の創生」がKKK礼賛映画ということは、私も見たときに気づいて愕然としましたが、かの大人気作品「バック・トゥ・ザ・フュー…

町山智浩「「最前線の映画」を読む」545冊目

熱烈なファンかなにかのように、同じ著者の本を読み続けてますが。 この本は2016年あたりに公開された新作映画を取り上げて、いつものように深堀りしています。 マーティン・スコセッシ監督、遠藤周作が原作の「沈黙」の分析が深くて泣けました。原作を読ん…

山口雅也「續・日本殺人事件」544冊目

山口雅也って人は、推理小説の枠をどこに置けばどういう謎を新たに生み出せるか?ということの研究者みたいだ。 そもそも最初からこのシリーズは、実在の外国人の“手記”(小説ではなく)を日本語訳したという体裁で始まっています。それが出版され、著者?と…

町山智浩「映画と本の意外な関係!」543冊目

これも面白かった。見た映画が多いけど、この本で読んで「見なければ!」と思った映画もあり、「ウォール街」とか「ソウルガールズ」とかった。見た映画が多いけど、この本で読んで「見なければ!」と思った映画もあり、「ウォール街」とか「ソウルガールズ…

町山智浩「トラウマ恋愛映画入門」542冊目

恐怖映画中心の「トラウマ映画館」の、違う趣向の続編。 この本を読んだあと、「アニー・ホール」をまた見たくなりました。映画に興味が出てきた20代前半に見たんだと思う、多分荻窪のぼろアパートに住んで近所の貸しビデオ屋に日参して、店にあるVHS全部見…

ジム・ロジャーズ「冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート」541冊目

この人の本は、何冊読んでも痛快です。 この本は彼の個別の冒険でなく、いままでの人生総括なので、数冊読んだ後だと何度か見たことのあるエピソードもあります。 彼は頭脳の明晰さもすごいけど、ためらわずに自分を通せる強さ、明るさ、自己肯定感がすごい…

山口雅也「日本殺人事件」540冊目

面白かった。この人の小説は、登場人物がみんな、生き生きしてる、を超えてパフォーマンスが派手!だから舞台のお芝居を見てるような感じがします。饒舌でコミカルで、原色やスパンコールの衣装を着た人たちが飛んだり跳ねたりする、エネルギー量の大きい劇…