阿津川辰海「蒼海館の殺人」813冊目

予想外に面白かった。最近、できのいいミステリーを読んでも、トリックの矛盾のなさ(なさです、なさ)ばかりが気になってしまうことが多くて、素直に楽しく読めてなかった気がする。文章はどこか堅くてちょっと読みにくい。動機は謎だけど、犯人像はよく描けているように思う。トリックは、「なんとか館」ものはそもそもありえない建築物や土地を想定してる、という点を受け入れれば面白いほうじゃないかな。

多分、ポイントをあげつらっていいとか悪いとか言っても、「面白いと感じるかどうか」は語れないんだろうな。

この人の本はもっと読んでみようと思います。なんとなく、わりと好き。