角幡唯介「空白の五マイル」816冊目

同じタイトルでこれがミステリーだったら、苦労を重ねて命を危険にさらしながら「空白の五マイル」の全エリアを最初に踏破した冒険者が、最後に桃源郷のような光景を目の当たりにするような絶頂感を味わって終わるのでしょう。最近気軽にミステリーも何冊か読んでるので、なんとなくそういう「スカッとする感じ」をイメージしながら読んでしまいました。

現実は「苦行」…もちろんご本人には、究極まで自分を追い込む高揚感や達成感があるわけで、のんびり暮らしてる私には想像もつかないような高みに達しているのでしょう。死が常にほんの5歩先で待ち構えているような緊張感に圧倒されました。

そして、読み通してもスカッとする場面はどこにもありません。現地のようす、彼の「到達地点」を伝える写真は、何が写っているかわかりづらい巻頭の1枚だけ。著者の大学の先輩にあたる学生が、テレビの取材で現地へ行って事故にあったことが本の中ほどまで詳しく書かれていて、探検の過酷さばかりが印象に残ります。

探検家という仕事・・・って何なんだろう。究極の、目先の利益から最も遠い”遊び”のような気もします。逆に、小さな山に一人で入って歩き回ることも、私なら十分に「探検」。怖いし経験の浅い自分の場合危険もある。でも多分驚きもある。高尾山に登ることも、ツアーでアフリカに行くことも、私にとっては冒険だった。新しい仕事を始めるのもすごく勇気が必要だった。安全領域の大きさや範囲、挑戦可能な領域の大きさや範囲、その外にある不可能地域・・・それぞれの大きさは人によって違う。この著者は地球のほとんどが「挑戦可能領域」で、「不可能地域」は政治的・物理的に人間には到達不可能なところだけなんじゃないだろうか。求め続けることは欲望に忠実に生きることだけど、それを「生命力」って呼ぶのかもしれません。それが生きるエネルギー。人間って、食べるものやいろいろなものからの影響を受けても、自分の内側から出てくるそういうパワーが根源の活力なのかもしれない、と最近思うんですよね・・・。

 

永井玲衣「水中の哲学者たち」815冊目

哲学って「いかに生きるべきか」を難しい顔で死ぬまで考え続ける学問?(違ってる気もする)

この本の中で、小学生が「人はなんで死ぬか」といったテーマを好んで選ぶと書かれてるけど、私も小さいころずいぶん考えて、「人生はつぶすためのヒマである」って答にたどり着いた。それで納得してしまって、人生について、みたいな大きなテーマはあまり考えなくなった。もっと、どうすれば好きな人に嫌われないかとか、目先のことをずっと考えてた気がする。

半隠居の今はますます「この後の何年~何十年か、どうやってヒマをつぶすか」だけが自分の考えのメインになってる。でも・・・もしかしたら、実現しようがしまいが、もっと高邁な考えを持っていた方が健康で賢く優しく生きられたんだろうか?

人と大きなテーマで語り合うことの意義が、まだ私にはイメージできてないのかな・・・。(小学生より幼い感想文になってしまった)

 

「地球の歩き方 世界遺産~絶景でめぐる自然遺産完全版~」814冊目

読んで感想を言う本じゃないことはわかってますが。ぱらぱら全ページを眺めてるのが楽しかった~。心も視界もぱーっと広がる気がしますね。

行った世界遺産が少し、行きたい世界遺産たくさん、絶対いけない世界遺産(立入禁止)もいくつか。いつか行けそうな場所は多いけど、南米やアフリカを目指すハードルはますます高く感じられる。

でも遠い方がいいわけじゃないのだ。何年か前は、できるだけ遠くに行っておきたいと思ってたけど、今はなるべく近くの美しい場所をじっくり見たい。だいいち、同じ都内の小笠原なんて、近いけど行ってくるのに2週間かかる・・・中国や東南アジアよりかかる日数は多い!でもそろそろ計画したいな。海外から観光客が続々と来はじめる前に行けたらいいな・・・。

 

阿津川辰海「蒼海館の殺人」813冊目

予想外に面白かった。最近、できのいいミステリーを読んでも、トリックの矛盾のなさ(なさです、なさ)ばかりが気になってしまうことが多くて、素直に楽しく読めてなかった気がする。文章はどこか堅くてちょっと読みにくい。動機は謎だけど、犯人像はよく描けているように思う。トリックは、「なんとか館」ものはそもそもありえない建築物や土地を想定してる、という点を受け入れれば面白いほうじゃないかな。

多分、ポイントをあげつらっていいとか悪いとか言っても、「面白いと感じるかどうか」は語れないんだろうな。

この人の本はもっと読んでみようと思います。なんとなく、わりと好き。

 

「地球の歩き方 世界のすごい島300」812冊目

読んで感想を書くような本ではないけど。コロナ禍のいま、かなり旅したい気持ちを満足させてくれました。都市なら空港からの交通の便も良くて行きやすいけど、どこの国も離島はアクセスが悪い。なかなか行けない場所ほど、行きたくなるし、写真や情報を見ると胸が躍ります。

といっても「アイスランド」みたいな島国も載ってるので、そういう島なら首都まで飛んでいけばいいだけ。(そうは行ってもアイスランド遠いけど)

今はやっぱり、国内の世界遺産をめぐるのがベストな気がするな。国内の観光客はじゅうぶん多いけど、海外の団体客が来ないうちは、かなり回りやすいから。1つ1つ、今年のうちに回ってしまおう。(そのための本はまた別途)

 

ダグラス・アダムス「銀河ヒッチハイク・ガイド」811冊目

タイトルが最高だと思って借りました。著者はモンティ・パイソンジョン・クリースの元で仕事をしてたことがあるとのこと。知的でドタバタで、とてつもなくバカバカしい…というモンティ・パイソンのセンスが確かに感じられる気もします。

全体的には、私にはテンションが高すぎて乗り切れなかったり、1979年に書かれてからかなり年月がたってるせいで、細かいところで考え込んでしまったりすることがあって、「難解」と言っても過言でない気がします。これ、日本だったら絶対マンガにするな。マンガ慣れしている私には、この複雑な表現は絵がないと入っていけない。読んでる途中で映画化されてることに気づいたので、それを見てみることにします。

とはいえ、じわじわ~~~っとくる笑いがあって、すごく好きな部分がいくつかあるので書いておきますと:

・宇宙人に向かって自己紹介をする場面で。22章「名前はデント。アーサー・デントです」「いいかい、デントアーサーデント」(一部改変してます)

・重い鬱病のロボットが、1秒間に数百万匹のひつじを数えたあと、自分でスイッチを切って休んだ。(あとで探しても見つけられなかったので、実際の表現はちょっと違うと思う)

 

原田マハ「楽園のカンヴァス」810冊目

面白かった。先を急いで読み切った。あまりにも、うまいこと偶然や運命が重なったり、関係者の情熱がすごすぎたりするし、やけにロマンチックすぎたりするところは、面白い少女マンガみたいな感じです。世の中には、本当らしさを追求して、読む人に心の痛みを与えて現実を直視させる作品と、読んでいる間は願望を成就させてくれて、意外性があっても快適な結末に落とし込んでくれる作品がある。これは後者なのだ、原田マハ作品はいつも。

私はあとちょっとだけでいいから、「人間は簡単に割り切れないくらい深く複雑だ」と感じさせてくれる部分が欲しかった気もするけど、面白かったからいいか…。