湯浅誠「つながり続けるこども食堂」751冊目

この人の本を読んでみようと思って探したときに、あまりにも多くてすごく迷ったけどまずこの本から。とてもわかりやすく興味深く、こども食堂の趣旨や現状を紹介してくれる良い本でした。

私も勘違いしてた。こういうの興味あるな、どんなところなのかな、と思いつつ、貧困状態にある子ども以外は行くと迷惑かな、行ってる子どもたちも、食堂の外から物見遊山で”まずしい子どもたち”として覗き込まれたらいやだろうな、とか思ってました。

「つながり」って、構築するのも維持するのも難しいけど、それって何?ということを説明するのも理解するのも定義するのも難しい、実態をつかみにくい言葉。でも誰かががんばって言葉にして、伝えないと、広がっていけない。著者の現状分析と言葉の表現力があって初めて、ここまでのムーブメントが起こせたのかもしれません。何か社会に必要なことを民間レベルで(ある意味ゲリラ的に)始めるのに、必要な才能を備えた人だなぁと感心しました。

かくいう私も、家族を持たずに中年になった身で、人からは「旅行ばっかりして趣味もたくさんあっていいね」とか言われるけど、それは何もすることがないから苦労して隙間を埋めてるだけだ。放っておくとすぐにウツウツとしてくる。私がボランティアに行くのは、誰かの役に立つためというより、自分の隙間を埋めるためだ。そういう人ってすごくたくさんいると思う。

いろんな団体のことを知るにつけ、どの団体も素晴らしいことをやっていると思うけど、それぞれに個性があるなと最近は思う。今すぐ生命を救わないと死んじゃう人たちを助けに行く「国境なき医師団」、親を亡くして就学資金を欠いてる子どもに向けた老舗の「あしなが育英会」、海外でストリートチルドレンを預かって育てている団体、日本に来たけど難民認定を受けられず苦境が続く人たちをサポートする団体…。

趣旨に賛同できれば寄付はいつでもできるけど、ボランティアに行くには、あまり無理せず、自分の体力や時間、性格に合ったところに行くほうがいい。著者が提唱する、ゆるくみんながその辺にいて、ちょっと気にかけあっている、というあり方は私には合っているように思います。

調べてみたら、最寄り駅だけでいくつも「こども食堂」が開催されてるようだ。いつか私もきっかけを見つけて覗いてみよう…。

 

高野秀行「イスラム飲酒紀行」750冊目

もうタイトルからして禁忌な感じ。イスラム教徒の多い国は、ウズベキスタン、ドバイ、マレーシアに行ったけど、観光客が行くレストランではそれなりにお酒飲めたような記憶があります。でも現地の人は飲んでなかったなー。なるべく地元に近いワインを買ってホテルで飲んだりもした。でももちろん、現地の人と酒盛りする機会はなかった(ガイドの青年をホテルの酒盛りに引っ張り込んだことはあったけど)。この本で高野さんは「そうは言っても若い男たちは隠れて飲んでるんじゃないか」と当たりをつけて、酒のにおいを追います。そう言われてみれば、それもそうだよなぁ。よくここまで突っ込めました。酔っぱらってすぐ友達になって、ばんばん家に招待されてしまうこの人の人望というか人間力が、人見知りな私にはまぶしいです。

今回も面白かった。引き続き、読み続けてみます。

 

尾崎世界観「母影」749冊目

著者がやっているクリープハイプというバンドのことは、聞いたことあるかも?くらいしか知らない。インタビュー番組で見た彼が面白くて、先に本を読んでみることにしました。彼がむかし働いていた製本所で作られたきれいな本。

感想は、とても面白かった。起承転結はあまりない。ちょっと読んでてうるさく感じるくらい、小学生のちいさな女の子の強く豊かな感受性がカラフルに展開する。”よい”ことも”悪い”ことも、”きれいな”ことも”きたない”ことも、すべてをフラットに感じる彼女の環境は、大人の目で見るとなかなか厳しい。シングルマザーの母親はマッサージ師だけど、怪しいサービスもさせられていて、そのことを同級生も先生も知っている。同級生の父親もそのサービスを受けに通ってくる。

この女の子が大人の客観的な視点を持ってしまって、自分を低く思う日がいつか来るのかな。ずっと今のまま、ひょうひょうとしていてほしい気もするけど、そうすると外からの同調圧力がすごいことになりそうだしなぁ。

お腹いっぱいにはならない作品だったし、デビュー作は自伝的と書かれてるくらいだから男目線なんだろうし、もう少し追っかけてみたいなと思います。

母影

母影

Amazon

 

森博嗣「冷たい密室と博士たち」748冊目

森博嗣って比較的新しい作家さんだと思ってた(「すべてがFになる」を読んだのを覚えてる)けど、この2作目が書かれたのは1996年。だからまだ誰もケータイ持ってなくてUNIXでメールを使いこなせるのがサバイバルだったりします。データの運搬は今は亡きフロッピーディスク、すごい最新マシンのハードディスクは20GB。そして美少女の描写もなんとなく派手。

一方で、密室トリックは普遍的なものです。大学の中の低温実験棟で起こった大学院生の殺人事件の犯人は、建築部助教授+学生によってその施設独特のトリックやミスをあばかれていきます。

こういうのを本格ミステリーっていうのかな。技術中心で動機がすごく弱かったり、探偵たちが何の感情もなく血まみれの床を歩いたりしますが、そこを突っ込まず密室クイズを解くような感じで読みます。トリックの一部はわかったけど、犯人はわからなかったな。動機は…個人的には、論文剽窃で地位を脅かされる、とかなら説得力を感じられたかなと思いました。

この時代、まだカタカナ表記は「フォルダ」とか最後を伸ばさないのが標準だったので、昔のWindows本みたいで懐かしかったです。。。

 

 

 

 

瀬戸内寂聴(晴美)「花芯・夏の終わり」747冊目

ある小説が「私小説」なのか「フィクション」なのか?

どの作家でも同じだと思うけど、混同してすべて著者の経験だろうと思い込む人って多いと思う。読者はどこでその区別をつけるんだろう。

寂聴さんの”最後の私小説”と何かで読んだ「いのち」を読んだので、デビュー作も読もうと思って「新潮日本文学58 瀬戸内晴美集(昭和47年発行)」を借りてきて読んでみました。「花芯」がフィクションだということは、感触でわかる。主人公の女性の開き直り方がちょっとリアルじゃない。コールガールへと身をやつしていき、60くらいの上品な紳士と出会う結末近くは、リアリティが薄くてファンタジーだなこれはと感じる。そういえば作品全体に、主人公を責めるトーンが強いのは、無言の著者の罪悪感、自分を罰する気持ちの現れのようにも思えてきます。

この人の小説って、読む人を喜ばせようと思ってない感じがする。自分が書かなければならないから書いている。その切迫感は、若さゆえ(とは限らないか)の性愛とか情愛に突き動かされて「もう止まらない!」というもので、見ていて危なっかしい。性欲が止められないくらい強い(※ニンフォマニアとは意味が違う)ことはその人のせいじゃないけど、リスクや不幸を伴うし、精神的にも辛い。

瀬戸内寂聴の作品のなかの女性は、何も知らない若いうちに嫁いだので、夫のような誠実で一途な人の、思い込みあるいは思い過ごしめいた強い愛情をありがたく思わない。昭和のトップ女優が監督と不倫の末、誠実で一途な助監督にプロポーズされて仕事をすべて捨てて家庭におさまった、という話はその対極にある。

今でも、あまり恋愛経験を持たずに結婚して家庭に入って、自分が自由恋愛をしたい気持ちに罪悪感をもたない人もいる。セクハラに次ぐセクハラに疲れ果てて、誠実な夫を待ち続ける人もいる。

平野謙によるこの本の解説で、フィクションと分類されている「花芯」に対して「夏の終り」は私小説とされている。自分の中にあるものをそのまま解き放ち、それを自然のまま観察することが芸術なのかな。私は自分と誰かが出会ったときの自分の変化には、できるだけ関心を持たないようにして来たと思う。今はもう自然のなかの自分、とかにしか関心が向かなくなっていて、そのほうが楽だ。晴美あるいは寂聴さんから見たら、不自然に見えるのかな…。

加藤シゲアキ「オルタネート」746冊目

最初に結論を言っておきますと、人間描写の行き届いた、愛のあるよい作品で、とても面白かったです。

冒頭にある「主要登場人物」リストを見たとき、「蓉」と書いて「いるる」、「凪津」と書いて「なづ」、「深羽」と書いて「みう」といった名前が並んでいて、キラキラネームってこういうのを言うのかな、と引いてしまった。読み始めたら、文章にどことなく若いリズム感(昔なら「キャピキャピ」とか呼んだような)があって、おばはんの私はそのリズムに乗れるかなと心配になった。登場人物グループが3グループに分かれていて、なんとなくごちゃごちゃしている。…そういう、わりと苦手意識が強い状態で読み始めたけど、読み終える頃にはばらばらな性格の登場人物全員に好感を持つようになってた。なかなかの書き手だと思います。

高校生っていう時期の少年少女の不安定さを、よくわかって書いてる。読むものの不安を和らげてくれる愛が感じられる。丁寧で危なっかしいところがない。この著者はこれからますます成長して強い書き手になっていくだろうなと感じました。(アイドルらしい、というだけでほとんど知らなかった)

とはいえ私の苦手ポイントは、ネーミングのセンスかなぁ。キラキラネームもだけど、SNSの名前やコンテストの名前、やたらフランス語や珍しい外国語を使いたがる感じは、瞬間的にはキラキラして見えるかもしれないけど、50年後には「?」って思うんじゃないかな。もっと普遍的なものを目指してもいいと思います。で、20年後くらいには歴史ものとか書いて直木賞候補になってほしいです。

 

大西連「すぐそばにある貧困」745冊目

20代にして貧困とたたかうNPO「もやい」の理事長となり、ずっと熱心かつ積極的に活動を続けている人の書いた本です。テレビをつけたらたまたま国会中継をやっていて、彼が発現しているのを見たことがあるのですが、弁舌爽やかに、ためらいなく正しいを思うことを発言できる意志の強さや知性を感じました。若いのにすごいなぁ。

そんなすごい人が、「もやい」理事長いなるまで~最初の数年の、悩みながらこの活動に、いわばどんどん深く巻き込まれていった状況を記した本です。

あるだろうなと予想した苦労がやっぱりある。この本には書かれていないけど、貧困や病気とたたかう団体の人が、仲間内や関連のある業務に携わっている人とのトラブルを書いたものを以前読んだことがある。中にはそういった辛さで辞めてしまう人もいる。何があっても、闘志を秘めつつ誰にでも礼儀正しく接し、世の中を変えようという強い姿勢を保ち続けてるところがまぶしいです。

続編を書く余裕は全然なさそうだけど、読んでみたい人たくさんいるんじゃないかな。口述でもいいので、そのうちぜひ書いてほしいなと思います。